看護師になるための役立つ情報

患者の世話をする意味合いでも代表的な看護師ですが、実際に注射や点滴を行うと言った、医療業務も重要な仕事の一つとしているため、求められる要素・知識は数多くに渡ります。

 

例えば、私グロップが今唐突に看護師を目指したいと志し、突如求人に応募すると言ったことは、もちろんできません。あらゆる必要な項目を専門機関などで学んだ上で、文部科学大臣の指定した、学校教育法に基づいた看護師国家試験をクリアすることがまずは大前提となります。給与面の良さに憧れを感じながらも、ひとまずは諦めるしかありません。

 

そこで、そんな私が例えば今、真剣に看護師を目指したいと考えた場合、一体どんな面を準備すればいいのかを、下記にまとめてみましたので、ご参考下さい。

 

国家資格
いくつかの取得法がありますが、もっともベーシックなものとして、高校卒業後に看護専門学校へ入学し、3年間のカリキュラムを修了することで受験資格を得て、受験に繋げる流れが挙げられます。現在実際に働く看護師の約4割がこのルートを通し就職にありついた形となっており、確実性の高い方法となっています。

 

課程の中では、学習時間における三分の一もの割合を実技研修にあてる形が一般的となっており、即戦力を身につけられる形となります。国立・公立・日赤・労働福祉事業団・社団法人・医療法人・学校法人等多岐の種類が存在するため、パンフレットやホームページなどを比較し、より自分に合う機関を選ぶようにしましょう。

 

そして、そんな中で得る知識・技術力は、後の現場でも大いに求められます。まさに昨今、優秀な人材が積極的に求められる傾向であるため、即戦力になり得る高い水準の能力が重宝される形となるのです。もちろんその作業の一つ一つは、すべて患者の健康、そして命をも左右する重要な存在なので、就職のためのみではなく、しっかりとした責任感のもと実務に臨む必要性があります。

 

患者さんそれぞれを思いやる気遣い・コミュニケーション能力
病気の治癒に貢献するだけでなく、入院や診察に訪れる際、いかに快適さを持ってもらえるかも、重要な仕事の一つとなるのです。

 

さらには、規模の大きな病院においては、死に直面する機会も多々訪れるケースが予想されます。そう言った場合の落ち着きや、それこそ遺族の方へ対し、思いやりを持てるかが、看護師の能力として大きく反映されます。高収入が魅力の資格職として広く知られる職業ですが、そう言ったあらゆる面における技術要する仕事なのです。

年々就職の難しい時代となりつつある現代の日本。毎年新卒採用シーズンともなると、各企業大いに賑わいますが、数年前と比べると、かなり渋い状況ともなっているようです。それだけに各業種選考も厳しく、網目の荒いふるいに落とされてしまいがちです。

 

高い理想を持って臨んで、そんなあぶれてしまうケースを危惧し、無難な会社を志望する新卒生も少なくないようです。ですがそんな中において、むしろニーズはますます伸びて行くとされている分野もあります。それが、看護師をはじめとした病院・医療関連です。ここでは、私グロップから見た医療関連のニーズについて紹介していきたいと思います。

 

医療の現場で働く人材は、高齢化の進みゆく現代であるだけに、人手の足りない状況に直面しており、より多くの志望者を希望しています。特に期待の持てる現場としては、各病院の他、高齢者介護施設・訪問介護サービスと言った、まさに高齢者利用の増加が予想される施設が挙げられます。

 

こう言った身の回りにおける世話をする資格者と言えば、介護士・ヘルパーの方が一般的かもしれませんが、実はより医療分野に秀でた看護師の需要も少なくないのです。

 

そしてもう一点、看護師の多くは女性が占めると言う面も、ニーズの高さに関連しています。例えば、結婚・出産・育児などに関してです。仕事を続けながら兼業主婦を行うケースも少なくありませんが、ハードな職場と言うこともあり、早々にリタイアする場合が一般的です。定年を前に職を抜けてしまうことで、より新たな人材が求められる形となるのです。

 

また、重労働さと言う面そのものもまた、理由の一つとなっています。担当する業務は病院に関するほとんどの補助業務、雑務と言った形となるため、とにかく、憧れだけでは続けていけないほどのハードな部分を伴います。業務内容的なリタイアも、人の不足をより色濃くする要因なのです。ですがそれらの面は、逆に息の長い職場として重宝できると言ったメリット面とも取ることができます。やる気・根気を持って続けることで、将来的な安定にも繋げやすくなります。

 

その他のメリット例もまた、複数にわたって挙げられます。例えば、職場の多さです。需要増加の一途をたどる施設であるだけに、病院は全国に多く点在しています。結婚後の住まい近くにおけるパート職や、自分の好きな土地で働きたい際など、資格や知識さえあれば自由度が高く重宝することに繋げられます。

 

また、給与面も外せない魅力の一つです。新卒初任給で約25万以上、さらには全体平均で約33万と言った魅力的な額が期待できます。ハードな仕事には、それだけの対価が伴う形となっているのです。

他の仕事では味わえないやり甲斐や、条件の良い給与面が特長的な看護師ですが、まずは資格を得ないことには始まりません。そしてそれを得るには、国家試験のクリアが必須となります。そこで私グロップ、今回は以下にて、看護師資格を取得できる各学校をご紹介させて頂きたいと思います。

 

ベーシックな存在である看護専門学校
実際、昨今現場で働く現役看護師は、約4割が専門卒業者とも言われています。学習時間の三分の一が看護実習であるほどの実践的な学習ができる機関であるため、現場で即戦力となり得る知識・技術が身に付きます。

 

流れとしては、まず高校を卒業後に入学、そして3年間の課程を経て、試験合格に必要となる科目や実技を積みます。そして修了と同時に受験資格が得られる形となるので、例年毎年2月下旬に開催される試験を受け、合格を目指す形となります。

 

看護系短期大学
こちらも上述の専門同様、看護分野に特化した授業を受け、試験に必要となる知識を学ぶことができます。ですがこちらの場合は、看護以外の授業も受けることが可能となります。

 

一般的な他学科の知識を得ながら、幅広い知識を得つつ、看護師資格取得に繋げることができます。一般常識をも持ち合わせた看護師を目指せるため、現場において需要の高い、臨機応変な対応のできる人材となれます。

 

そして、それらは高校卒業を前提とした流れですが、高校において看護分野の知識を得る形を通して、試験資格を得る方法もあります。それは、衛生看護科を専攻すると言ったものです。この場合、いきなり看護師試験を受けることはできず、准看護師都道府県知事試験を経て准看護師を目指す形となります。

 

ですがこの資格を得ると、3年の実務を重ねた後、看護師国家試験を受ける資格が得られるため、最終的に看護師を目標とすることに繋げられます。

 

同様に、准看護師を目指す場合においての専門機関として、准看護師養成所も重宝できます。中学を卒業することで所属することができ、実際の病院実務と言った、この施設ならではの利点なども活かせる形となります。もともと、第二次世界大戦時に看護師不足を補うために設立された機関で、歴史ある経緯を擁します。

 

その他、看護系大学、大学の看護学部・学科と言った方法もあり、多岐の面から資格取得を目指せる形となっています。古くから高い需要のある職業だからこその、門の多さが特長的となっています。

看護師になるには、必ず国家資格を手にしなければなりません。同様に、准看護師にもその必要性が発生します。保健師助産師看護師法により定められた国家試験をクリアすることで、はじめて仕事に就くチャンスを得る形となります。

 

とは言え、無資格者であるために看護師関連の職にまったく就けないかと言えば、決してそうではありません。私グロップのような一般人であっても、実は携わることができます。その方法を、ご紹介したいと思います。

 

昨今の病院施設に置いて、看護関連の人材は不足状況にあると言われています。少子高齢化に伴い、病院利用を必要とする高齢者は圧倒的に増加する一方、職に就く若者は減少しているため、そう言った現状に至る形となっています。

 

特に総合病院のような多数の患者を扱う施設に多いのですが、一人で一日何人もの担当をしなければならないといったことや、充分な休憩を得られずに残業までも強いられるといった流れに発展してしまっているほどです。

 

そこで積極的に取り入れられている人員が、看護助手です。その名の通り、看護師のアシスタントを担当する形となっており、かつ直接の医療行為には関連しないので、資格を必要としません。なので求人を探す場合には、アルバイト情報雑誌やサイト、また専門誌等を利用することで、手軽に見つけることが可能となります。将来看護師を目指したい方などにも、魅力的な仕事となっています。

 

取り扱う業務としては、主に、環境整備、移動・移乗介助、整容・保清介助、入浴介助、排泄介助、メッセンジャー業務などが挙げられます。看護師が医師の補助を主とする仕事であるのに対し、助手の場合は患者が生活しやすいように、身の回りをお世話する作業が中心となっている面が特長的となっています

 

。やる気や思いやりさえあれば実践できるため、幅広い方にチャンスのある職業と言えるでしょう。資格はないものの、看護の現場で働きたいと言った想いを持つ方に適した職種となります。

 

またその他には、資格職でありながらも、看護師資格とはまた違った、医療事務や介護士、ヘルパー、また調理の現場における管理栄養士なども、現場に携われる職業として役立てられます。そして複数の資格を持ち合わせておけば、より重宝され、さらなる条件面のアップにも繋げられる傾向にあるようです。怪我や病気の改善を目指す人々の補助を、直に仕事とできるこれらの職業には、大きなやり甲斐が伴います。給与面以上に得るものの多い職となることでしょう。

私グロップの知り合いに、現役で看護師をしている女性がいます。その人は数年前までOLをしていましたが、学生時代の看護知識を活用し、国家資格を手に入れ、今ではパートタイムで高い自由度のもと業務に努めています。

 

家事や子育ての合間を縫ってでも気兼ねなく携われる職業だけあって、重宝しているとのことです。ですが、ただただ良いことばかりではないのが、実際の所と言う話も聞いたのが印象的でした。

 

何よりストレスとなるのが、患者の命を預かっていると言う、重い責任感なのだそうです。医師ほど踏み入った治療行為はしていないものの、点滴や注射と言った補助業務も仕事の一つとしています。

 

僅かなミスが人命に繋がるので、毎日集中が欠かせない、精神力伴う職場となっているのです。端から見れば、給与面の魅力的なメリットの多い仕事と言ったイメージもありますが、現場の人間としては、一概にそれだけの職場ではないようです。

 

まさかそんなミスが、身近に起きることはないだろうと、経験が浅い場合はつい人ごとのように感じられがちかもしれませんが、実際医療ミスによる問題は少なくないのが現状で、事例も複数に渡ります。以下はその例の一部となっています。今後看護師職を目指されている方、また既に働いていながらも、危険意識が薄れがちに感じる方など、少し参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

まず一つに、医師が指示したモルヒネ薬を誤って規定量の10倍も投与してしまったケースです。危険成分の過多投与は、以後2日足らずで患者の死を招いてしまいました。ちょっとした表記ミスが原因となりましたが、取り返しの付かない事態へと繋がってしまいました。

 

次に、患者のベッドが変わったことに気付かず、違う血液型の血液を点滴してしまったケースです。異なる型は拒否反応の原因となり、こちらも16日の期間を経て、死亡に至ってしまいました。入院者の確認を怠ると言った基本的な意識の低さが、要因となった例です。

 

その他にも、点滴に内服薬を用いてしまったり、手術中に謝った薬剤を医師に手渡してしまったりと、些細な注意不足から重大な事故へ繋がってしまった事例が複数存在します。

 

このように、看護師の職業は常に命の危険と隣り合わせの、常に最大限の集中を求められる仕事なのです。資格を手に入れさえすれば安定した生活を満喫できると、気を抜いてしまう訳にはいきません。モラル・プロ意識も含めて支払われる対価が、看護師に対する条件の良い給与面となっているのです。

私グロップが最近注目している職業に、総合病院における看護師職があります。看護師と言えば、いずれの環境においても比較的条件が良く、また需要も高い職種として、幅広い層に高い人気を誇る仕事となっています。

 

ですが現場によってその働き方は異なります。種類としては、総合施設の他、診療所・クリニック・一般企業・介護施設・保健所・事業所、また訪問介護などの形が挙げられます。

 

中でも総合の場合は、複数の心療科が集まった大規模施設であるケースが少なくない点が特徴となります。病床数は200以上、多いところでは1,000を越える病院もあり、より責任感が伴う反面、仕事における充実性、やりがいも感じられる職場です。

 

科によってそれぞれ専門医が配属されているため、一つの施設において多くの病気・ケガにおける原因解明や治療に繋げられる、高い機能性を誇る病院の形となります。

 

総合施設ならではのメリット
それにより、総合施設ならではの、得られるメリットと言うものが複数を生じます。例えば、仕事を通し多くの知識が身につけられる点です。自分の担当分野以外の仕事や病気・薬についての情報などが得られ、後のステップアップにも役立てやすくなります。

 

准看護師から看護師へ、そして看護師から認定看護師と、同時に収入面の大幅アップにも繋げられるため、結婚や夢へ向けた、将来設計に活用できる形となり便利です。

 

次に、定期的に開催される研修・勉強会に参加できる点です。一般では学べないような、大規模現場ならではの情報を得られるため、こちらも同様に将来に役立てられる形となります。施設内において地位向上を目指す他、結婚などによる引っ越し時、他の勤務地への転属における給与条件等を左右する肩書きともできたりと、さまざまな面で重宝できます。

 

そして、教育プログラム面の充実も忘れてはならないポイントです。患者への注力はもちろんのこと、人材育成に関しても余念がないのが、総合病院の特長です。新人が仕事を覚えるまでのプロセス管理や、ブランクのある人への丁寧なサポートなども手厚いケースが多く、安心感のある仕事に繋げられる形となっています。

 

ですがその反面、自分の働きたい科に必ずしも配属されない点や、上述の研修等への参加が必須であること、また組織の規模が大きいだけに、人間関係によるトラブルも少なからず考えられる点は、一つのデメリットとして目を反らせない箇所ともなります。メリット面とこれらのバランスをも見極めた上で検討されることで、より満足度の高い快適な看護師生活に繋げられるでしょう。

日本全国に病院は点在しています。そのため看護師と言う職は、あらゆる勤務地において役立てられる肩書きとなります。

 

さらにはパートタイムにおける働き方にも活かせたりと、何かと自由度の面が利点となっており、近年憧れられる人気の職種の一つとして、取り上げられるケースが少なくありません。日本各地の自然を見て回りたい、そんな願望を抱く私グロップとしても、何とも羨ましい仕事のように思えます。

 

そこで、一体どんな手順を踏むことで、この職業に就くことができるのか、少し調べさせて頂きました。今後目指されたいと考えている方の参考などにもなれば、幸いです。

 

看護師の資格
まず、一口に看護師職と言っても、大きく二つに分けられます。看護師、そして准看護師です。その名の通り、後者は前者をサポートする形の職業となっており、給与面もまたそれにより、差が生じます。

 

ですが違いとしては、さらにもう一点、忘れてはならない箇所があります。それぞれ、資格試験が異なるということです。

 

一般的な看護師については、広く知られている通り、保健師助産師看護師法第18条に基づいた「看護師試験」を通過することでその資格を得ることが出来ます。ですが「准…」の場合は、別途開催される保健師助産師看護師法第23条における「准看護師試験」をクリアすることが前提となります。開催日程や受験条件、そしてもちろん内容も異なるため、混同してしまわないよう注意が必要です。

 

そしてそれらの受験資格もまた、細かく定められており、チェックすべき部分です。

 

まず看護師においては、専修学校・その他各種学校での看護師養成課程による、3年間の勉強を経て臨む方法、そして看護系大学で4年、 または看護系短期大学で3年と言った形にて、受けることができます。その他、准看護師からのステップアップによる流れでも取得でき、その場合は看護師2年課程(進学コース)において2年の勉強期間が必須となります。さらに中卒者の場合は、加えて准看護師としての業務経験3年以上を要します。

 

准看護師の場合は少しハードルが下がる形となり、准看護師養成学校、または高校の衛生看護科を修了し、看護の知識を得ることで受験が可能となります。いずれも卒業時点で職に就くことはできず、かならずそれぞれの資格試験をクリアすることが前提となります。

 

他にも、就職後のステップアップとして、認定看護師・専門看護師と言った肩書きを目指す方法も存在します。いずれも冒頭の通り、あらゆる職場で役立てられる、強みとなる資格です。

皆さんは、看護師と聞くとどう言ったシーンで働く姿を想像されるでしょうか。私グロップとしては、以前に足の骨折で入院した経験があるため、大型病院施設で働かれる絵が真っ先に連想されます。ですがもちろん、それだけには留まりません。

 

あらゆる環境においての、医師・患者のサポート等を全般的に行う職業となっているため、その現場は複数に渡ります。いくつかの例を挙げて、それぞれの特徴と共にご紹介していきたいと思います。

 

看護師が活躍する施設
まず一つに、老人福祉施設です。こちらではその名の通り、高齢者生活におけるサポート業務に携わります。介護士やヘルパーと言った職種が一般的ですが、より医療的な補助にも役立つことができるため、重宝される存在となります。知識はもちろんのこと、老人の立場に立った、思いやり持てる心が重要となります。また、生死に関わる瞬間に立ち合う機会も、自ずと少なくない状況となります。そう言った面への理解も、必要な要素の一つです。

 

次に、リハビリ施設です。ケガや病気により生活機能が低下してしまった患者が、専門的な機器、また専門医師のサポートを受け、改善を目指す場所です。看護師はその補助、心のケア、また医師の指示に従い、より円滑なリハビリテーションに繋げられるよう多岐の業務を行います。

 

保健所は、通常「保健師」が働く職場であるため、少し意外とも感じられるかもしれません。ですがこの資格を得るには、まず看護師であることが前提となるため、人気の就職先の一つともなっているようです。主には、健康に関する相談・指導、定期的な健康診断や予防接種、集団検診や医師のサポート、妊婦や子供、老人のケアと言った職務に携わります。一般的な病院施設での看護師職とは異なり、将来的な病気・ケガを未然に予防するための作業が中心となります。

 

また、保育園・障害児関連施設・児童福祉施設と言った、子どもを対象とした施設における職務も含まれます。この場合、いずれの現場においても、通常の保育士などではカバーしきれない、医療的なサポートを担当する形にての作業となります。この場合、やはり重要となるのが、子供好きであるかどうかと言った点です。

 

知識面においての仕事のみならず、相手の目線に立った、優しい接し方が何より大切です。
その他にも、看護師の関わる職場は複数に渡り存在します。仕事場は多岐に期待できる形となるため、資格さえあれば、大きく就職に役立つ形となります。

就職難の時代と言われる現代、仮に良い大学を出ていたとしても、理想的な収入を得られる職に就くことは、そう簡単ではありません。私グロップもまた、かつてそんな風潮に直面した一人です。

 

若い世代にはどんどん厳しい状況が強いられる傾向も予想されるため、少しでも早く、良い時代へ移り変わればと願うばかりです。そんな中、安定して好条件で、尚かつ資格さえ手に入れば比較的就職しやすいのが、看護師です。少子高齢化が進む今、需要はまさに増え続けており、むしろ求められる側の人材となることができます。

 

加えて収入面も他と比べ良いため、手軽な通信教育などを通して資格を目指す方も少なくありません。それでは、そんな看護師職の給与待遇について、以下にてご紹介させて頂きたいと思います。

 

例えば3年過程新卒者の場合、一般的なOLよりも、初任給から高い額が得られる形となります。月収総額で25万円を越えるため、余裕を持った生活を送りながら仕事を覚えることに繋げられます。さらにはキャリアを積むことにより昇給なども受けられ、平均として約33万円と言った数字にも及ぶ形となっています。

 

その他、地位が上がることでより金額は上がり、看護師長は平均約42万円、さらに総看護師長ともなると、平均約50万円の高給をも期待できます。世間的な事務職よりも良い条件のもと働けるため、人気の職に挙げられる傾向も、納得できると言った所です。またさらには、患者の数は時期によって変動するため、残業手当が付くケースも少なくありません。

 

その場合、一定の範囲内において手当が受けられるため、より収入額は上がります。その他、夜勤帯ともなれば、準夜勤で平均約3,500円、深夜勤で約4,500円の別途手当が受けられます。

 

ですが現実には、これらの好条件が伴いながらも、満足のいく状況とは一概に感じられないと言う声も多いようです。ストレス、責任が重くのしかかり、さらには年々変化するシステムに随時対応していかなければならないため、ただただ収入面にメリットを感じるばかりの職場とはならないのです。残業などで繁忙期ともなると、深夜に及ぶケースもあると言われています。

 

今後看護師職を目指される方は、こうした激務のイメージも把握した上で、収入の良さを踏まえ、検討されてみてください。現実には想像とあまりに差があり、すぐに辞めてしまうと言った方も少なくありません。給与条件は、そう言った意味で、しっかり業務内容と釣り合った関係性にあると言えるのです。

はじめまして、グロップと申します。昨今、注目を集める人気の職業に「看護師」があります。ナース服に身を包んだ、カッコいい職種と言ったイメージを持つ方も、多いのではないでしょうか。ですが実際には、ただカッコいいだけであるとか、割がいいといった面のみではなく、付随する責任面や、また雑務の多さに伴い、過酷に感じながら働く人も少なくありません。

 

担当する施設やポジションによってその規模は異なりますが、人の命を預かる重大な仕事でもあるため、軽視できるものではないのです。それでは、そんな看護師職についてご紹介させて頂きたいと思います。

 

看護師は、病院内においての補助的な役割を全般的に担当する職業のことを指します。主には医師のサポートの形となり、指示に沿って業務を遂行します。その他、入院患者がより快適な病院生活を送りやすくすること、またそれに関連した雑務全般なども請け負います。専門知識が必要であるため、一般の人がいきなり求人へ応募すると言ったことはできません。

 

専門機関における勉強を一定期間受け、尚かつ国家資格であるため、保健師助産師看護師法第18条に基づいた国家試験を受け、看護師資格を持つということが前提となります。

 

また、もう一点忘れてはならない重要なポイントがあります。それは、業務としての補助ではなく、気持ち・精神面における患者のサポートです。人によっては生命の危険にすら晒されている方もいるので、いかに快適に、安心できる病院生活を送ってもらえるかが、より密なポジションで接する看護師ならではと言える仕事の一つとなるのです。

 

もちろん、ただマニュアル通りに接するだけではいけません。臨機応変に、時には業務外ともなる要望などを聞いてあげることも、大切な心の支えとなります。収入目的のみならず、人への愛情をしっかり持てる人が向いている職業と言えるでしょう。

 

一口に看護師と言っても、その種類はさまざまにあります。主には看護師・准看護師・認定看護師・専門看護師の4種類となり、それぞれの立場における役割のもと、医師の補助を行います。

 

また、受付に同じくナース服を着た、医療事務と言う職種もありますが、こちらの場合は看護師資格ではなく、医療事務資格を別途持って携わる形となるため、また少し違った意味合いとなります。

 

ですが、患者の情報を管理し、薬などの受け渡しを直に行うポジションなので、同じく患者を思いやる病院内においての重要な位置付けの一つに違いはありません。今後関連分野を目指される方は、知っておくと便利な点です。

グロップの医療情報